新しい財布の形の創造 0302  
shop.S.J.   ショップtop > バッグ類 > 0302 S.J.project
SataniqueJardin
0302茶利八方 trecento due SataniqueJardin 型の詳細情報のページへ
茶利八方 左から緑、黒

CHSA0302

¥36000
(税込み¥38880)

ダブルファスナーマルチ財布
210×110×50(mm)
ペンホルダー×1
カギ差し×3
カード×6
仕切り×6
定期、免許証入れ各1
札入れ×1 小銭×1
茶利八方(黒・緑)x
牛革ソフト仕上げ

ユニセックス
黒・深緑

本体重量278g
(梱包重量約340g)


茶利八方

戦国の世から伝わる
日本が世界に誇れる
皮革なめし技術
の一つです
日本の革はインデン
だけではありません
山羊の革に石灰を
まぶし泥の上でなめし
上げる,
独特の技法.
往時は鎧のベースに
使われました.
太平の世以降は
キセル等の入れ物
として様々な小物に
使われました.

現在、後継者問題で
先行きの危ぶまれる
ものです

人気のトレチェントドゥエを
茶利八方で仕上げました

お財布 ダレスバッグで
人気を博した革です

 

強さのある革です

大量に用意できる
革ではありません
お早いうちにどうぞ

302シリーズは
どれも数に限りがあります

財布部内装も茶利革

内装も茶利
財布側もマルチ
スペース側も
すべて茶利革です

ふんだんに
革を使用

当然
ririファスナー

革素材アップ画像

表面がザラッとした
手触りですが
エイの粒ほどでもなく
硬くはありません
若干 光沢が増しますが
使い込んでも
大きな変化の無い革

マルチサイドも茶利革内装

 
弊社の使用皮革は 殆どがイタリア ドイツ スペイン フランス製などですが
この革に限り 唯一 日本でなめしたものです(このなめし技術が日本独自であるため)
 
マット表情に写っていますが
独特の光沢があります
世界文化社刊「Men'sEX」
アスキー社刊「週刊アスキー」などに掲載
型の詳細はページ右上から

予定数を
終了しました

当シリーズは 新しい形であり スタイルのご提案ですので
最初は 抵抗ある方も 一部 いらっしゃいますが、1度使うと
履き慣れた靴の様に リピーターになる方が 後を絶ちません
当商品は¥5000超ですすので
送料無料です. 代引決済を お選びの
場合は代引手数料のみ お願いいたします
詳細はこちら
ショッピングカートへ
 
copyright S.J.project
S.J.project / SataniqueJardin / SYSTEMA / shop.S.J.
shop.S.J.bags / small leather goods / agenda / others
このページのトップへ