新しい財布の形の創造 0302  
shop.S.J.   ショップtop > バッグ類 > 0302 S.J.project
SataniqueJardin
0302ソフトゴート(黒) trecento due SataniqueJardin 型の詳細情報のページへ
0302ソフトゴード(黒) GosSA0302

¥36000
(税込み¥38880)

ダブルファスナーマルチ財布
210×110×50(mm)
ペンホルダー×1
カギ差し×3
カード×6
仕切り×6
定期、免許証入れ各1
札入れ×1 小銭×1

ソフトゴート(山羊革)
牛革キップ(一部ナイロン地)

ユニセックス

本体重量348g
(梱包重量約590g)


肉厚の
上質素材


使用シーンを考慮し
屋外の撮影により
グレイッシュに
写っていますが
黒色です
(内装のキップは
ツヤ在りの漆黒です)
当ページの画像は使用シーンを考慮し 屋外直射日光下での撮影です
屋内光でご覧の場合は画像より暗く濃い黒です
new !

黒のモデルお待ちの方
お待たせいたしました

人気のトレチェントドゥエを
程よい肉厚の上質山羊革で

山羊革ならではの
手触りと質感をお愉しみ下さい
シボ表情が独特の雰囲気

こだわりの原皮を使用しました

柔らかい革ですが
今回の芯材はカッチリ系
モデル毎 革ごとに 芯材も検討しています
高級紳士服が芯材にこだわるのと同じです
内装はキップ革 タップリ
革を使用

内装主要部は
牛革キップを使用

カード入れ仕切内
小銭ポケット内部
などはナイロン
および綿生地使用
(財布部の使い勝手
のための判断です)
ゴート革近景(クリックで別窓拡大) ソフトな手触りが特徴ですが
ほどほどの肉厚の山羊革

山羊の特徴的シボには
個別の差があります
(ご指定は出来ませんのでご了承下さい)
以前09年発売時の山羊革より
均一な表情の原皮です

302シリーズは
どれも数に限りがあります
0302シリーズは 新しい形の
財布であり ライフスタイルの
ご提案ですから 最初 抵抗が
ある方もいらっしゃいますが
1度使ってしまうと
履き慣れた靴の様に
リピーターになる方が
後を絶ちません

型の詳細は
上記リンクで

表面に使ったマットな革と
内装の半光沢のキップ革

肉厚の違いもバランスよく
お財布部(小銭入れファスナーもriri社製

「黒」をご希望の方が多く
品薄気味で申し訳ありません

ファスナーはもちろんriri社製
ファスナーバイアステープは 濃紺色を採用しました
これが上品な印象を与えます
写真の通り 小銭部ファスナーテープも濃紺

シボ表情のため
細かいキズは目立ち難い革
更に肉厚革から耐久性もあり
永くご愛用戴くことが出来ます

型の詳細はページ右上(緑のボタン)

限定数のため
売り切の際はご容赦下さい
表はファスナーサイド部分も
全ての部分がゴートスキン

内装革に使用したキップは
対照的にスムーズな表情
ツヤ革ですが 肉厚を抑え
やわらかい手触りの革です
内装をこの革だけで仕上げましたが
ボリュームは極力抑えています

メインファスナーはriri社製

財布部とマルチ部
内装の当て革は
半ツヤの牛革キップ

肌理の細かい
上質な革です

マット系の表との
コントラストを
お愉しみください
ココがポイント! このモデルのココがスゴイ  

山羊革の手触り

本来は触れて頂きたいのですが
左の写真で
雰囲気は伝わりますか?

革の肉厚と
その柔らかさが特徴です

メイン素材のゴートスキンには
天然のシボがあります
シボの具合は個別に差があり
ご指定は頂けませんのでご了承下さい
内部は半光沢のキップ革
(財布部など主要機能部分)

あわせの一部にナイロン地
表に肉厚の革を使用したので
バランスのためにも薄手のキップを内装に

小銭の袋部は全体の肉厚を抑えるため
ナイロン地にしています


もちろん外から見えるか所すべては革です

 

今季の革は 耐久性向上のため その肉厚を意識しました
柔らかいのに その肉厚から タフにお使い頂ける お買い得モデル
1本目にお求めの方にも 特殊皮革然としていない山羊革は要チェックです
 
 
ファッション性と機能の
高次元での融合が
評価いただいています
世界文化社刊「Men'sEX」
アスキー社刊「週刊アスキー」などに掲載
当商品は¥5000を超えますので
送料無料です. 代引決済を お選びの
場合は代引手数料のみ お願いいたします
詳細はこちら
ショッピングカートへ
 
copyright S.J.project
S.J.project / SataniqueJardin / SYSTEMA / shop.S.J.
shop.S.J.bags / small leather goods / agenda / others
このページのトップへ