shop.S.J.   ショップtop > バッグ類 > S.J.project
OTHER BRAND
ゴブラン織りトート tote bag mazurka  
ゴブラン織りミニトート F-111

¥25000(税込¥27000)

290x380x30mm
(突起物は含まず)

本体メインコンパートメント
外部ファスナーポケット
内部ファスナーポケット

ゴブラン織り後染x牛革
内張り地:T/Cツイル
単品重量
約500g

梱包重量
約1kg
豪華なゴブラン織りを
現代のカジュアルバッグに

中世の香り漂う
タウンバッグです

少し小振りなトートバッグです
タウンで重宝するサイズ
一般ファッション誌を
余裕で収納できる縦型
日常の使用に便利な大きさ

ファッションの上で
上級のコーディネート力を
要求するタウンバッグです
内部仕様 内装生地は
濃紺のT/C

ファスナーの
ポケット装備
当然 riri です
素材アップ:クリックで別窓拡大 なんと言っても豪華な
ゴブラン織りの生地

左の写真はクリックで別窓が開きます
マチの無い縫製 サイド部は
マチの無い
縫製です

中身を入れると
写真のように
膨らみます
重量部分の補強には
牛革を使用し
シッカリしたつくりです

弊社の
布帛モノとは
お値段を落とす目的ではなく
その素材の面白みを
ご紹介する為です
ファスナーは全てriri 人物対比 マチ無しの
小振りなサイズ
gobelines
ゴブラン織りの歴史は古く その系譜は 古代西アジアやエジプトに起源を持つ
華やかな『綴れ織り』芸術(通常フランス語で“タピスリー”と呼ばれる)まで遡る
竪型の織り架台で麻の経糸を垂直に張り その後方に実物大の増絵を置き紋様に
従い 羊毛や絹の緯糸を織り込んだ平織りの一種で 日本のつづれ織りに似ている
13〜14世紀の欧州では 城や聖堂 邸館の居室の装飾として発達したが 制作に
手間と時間がかかるため かなり高価なものだった. 主としてフランドルや北フランス
に点在するアトリエを中心に行われ やがてルネッサンス・バロックの時代を経てヨーロ
ッパの工業芸術における. 最も創造的な分野の一つに形成していった. ゴブラン織りの
語源は15世紀頃フランスで人気を博した ゴブラン家のGillesとJean兄弟工房に由来し
その後17世紀に ルイ14世がフランドルの技術に追いつけ追い越せということで
この工房を国営化 保護育成し やがて綴れ織り自体をゴブラン織りと呼ぶようになった
ゴブラン織りシリーズには
●メッセンジャーバッグ
●ヘルメットバッグ があります
ショッピングカート
同型異素材モデル フラップの長さなど 細部に差があります
○銀コンチョ付トート / ○フラノ金箔トート
当商品は¥5000を超えますので送料無料です
代引決済を お選びの場合は代引手数料のみ お願い致します
詳細はこちら
copyright S.J.project
S.J.project / SataniqueJardin / SYSTEMA / shop.S.J.
shop.S.J.bags / small leather goods / agenda / others
このページのトップへ