CT SCUDERIA 10128 SATURNO

CS10128 黒文字盤(S.Steel case)
¥140000(税込¥151200)

ステンレススティール
Black IP finish(case back)
サファイアクリスタルガラス
Swiss Ronda社製クオーツ
クロノグラフ(60秒・30分12時間積算)
シリコンストラップ

日付窓(後期版のみ)
10atm 防水
ケースサイズ 直径約44mm 厚さ13.3mm(突起部を含まず)

専用ケース・保証書つき

Swiss Made Movement
単品重量 約108g / 梱包重量 約1.7kg(簡易梱包)

心臓部はロンダ社製 3520D
10気圧防水の捩じ込み式裏蓋

スクーデリアのリストウォッチ
クロノグラフモデル です

サトゥルノシリーズの中でイタリア国旗色カボッション そして黒文字盤です

ストップウォッチ意匠のスポーティデザイン 銀色ステンレスケースに黒文字盤とシックなので スーツとの相性も良いモデル

SATURNO(サトゥルノ)は名車ジレラサトゥルノに捧げられたモデルです

黒いダイヤルに少し大きめのホワイトレターインデックス 12時が"60"表記(秒単位表記)なのも この時計の特徴 ストップウォッチ意匠なので視認性が高いモデルです

インダイアルは スモールセコンドと クロノグラフ用 時・分カウンターで "分"計は30分で1回転(当モデルでは9時位置の緑色長針)・"時"計は12時間で1回転(同カウンター内の白色短針)

3時位置カウンターがスモールセコンドで 白い最長針がクロノグラフ用秒針なのは 凡そのクロノグラフモデルと共通です

スクーデリア独自のラグが本体ケースを支えるがっちりしたケース

ケース径は44mm ケース厚は13.3mm

銀色ステンレスケース版サトゥルノ 夏場のシーズンにはさわやかな印象です

クロノグラフモデルなので主リュウズ以外に 2つのプッシュボタンがあります 云わずと知れたストップウォッチ用 スタートストップとリセットボタン

このプッシュボタンとリューズにイタリア国旗色のカボッションが付いている辺りも目を惹きます

銀色ステンレスケースをマット銀色ラグが押さえ それなりの大きさがある時計ですが 腕に着けると そのデザインによる存在感はあるものの 意外にスッキリまとまって見えます

リューズ側から見ると 本体ケースに カボッションのイタリア国旗3色が美しいモデルです

メカニカルハードになりがちなクロノグラフですが このモデルはイタリアンカジュアルな雰囲気も持ちます サイドビューは存在感のある時計の印象 各部位構成要素でおしゃれな雰囲気です

9時位置インダイアルはクロノグラフ用の時・分積算計 当モデルでは緑の針が"分"計(30分で1回転)・白針は12時間計測の"時"計 インデックスと各針が蓄光

スイス製ムーブメントを搭載し カフェレーシングをイタリアセンスで表現したこの時計

「腕時計のセレクトで その人物が判る」なんてことをいいますが スポーティでお洒落なクロノグラフのこの時計を選ぶ方はどんな方でしょう?

文字盤デザイン ギャラリー

ムーブメントの精度 信頼性や その時計の持つファンクション(機能)も大切ですが時計を選ぶ際の重要な要素は やっぱりそのフェイス
各画像はクリックで別窓拡大します

大きめ表記のアラビア数字インデックスと3時 9時位置に配した2つのインダイヤル スポーティコンセプトながら プッシュボタンカボッション色など構成要素が 本体をおしゃれ系にします 竜頭にリング飾りをつけていないのも

それ以外の色味を抑えているのも一役かっています スポーティとエレガントの絶妙なバランスが このモデルの持ち味です

やはり比較するのはコレ
IP-Goldケースの10103です ケース以外は同仕様 ケース色の違いで印象も大きく異なりますね トリコローレボタン9時位置の分針など細部仕様も同様です

スポーツマインドあふれるこの時計 オフの日の愉しみとして(オンでも使えますね)

当サトゥルノシリーズは「日付表示窓付き」になりますが 当色品番は既に窓付きです

ベルトはシリコン製ですが 独自のデザインで 野暮ったさや安っぽさは無し 本体と同系色の尾錠金具が付きます(カンビオ仕様なので着脱も楽) 交換用ベルトページはこちら

リトモラティーノとは違いますので ご購入時でもベルト交換はオプションになります

 

黒文字盤の時計なので インデックスは白抜きで

そこには蓄光加工を施しており暗時にも対応しています

ケース色が異なっても金色ケース・銀色ケースとも 文字盤は同じです

当CTスクーデリアオロロジシリーズ中でも シリーズの最大の特徴であるストップウォッチディテールのクロノグラフであること そのプッシュボタンにトリコローレを取り入れていること またステンレス銀色のケースで色目を抑えながら 文字盤のスポーティさ シリコンベルトの気軽でありながらお洒落なディテールと 当シリーズの特徴を網羅しているので このサトゥルノモデルが一番人気になっています

金色時計なのにイヤらしい感じがしない10103か シックに銀色ケースを選ぶか 迷うところです オトナな男の腕に

【ご注意】 近日入荷の商品から文字盤が「デイト窓」付きへと変更されます インデックス文字の大きいモデル「サトゥルノ」「ツーリング」などが変更対象の文字盤です 当色番の場合は すでに日付窓付きモデルになっています

バリエーション

当シリーズのバリエーション 本品同様の黒文字盤でも「金色ケースにトリコローレカボッションモデル」「銀色ケースに赤カボッションモデル」右の「赤カボッションモデル」は現在 店頭在庫切れのため出荷は再入荷後となります 以前あったオールブラックのCS10105はカタログ落ちです Cinghia Leggeraコレクションの黄色文字盤と赤文字盤も 既存店在庫のみとなります

さらに 革ベルト(パンチング仕様/スムース仕上げ)各色 / 9ホールシリコンベルト(黒) / NATO仕様ナイロン各色など ベルトを交換することによって 自分だけのモデルにカスタマイズ可(オプションになります)

ケース / 日付窓 / IP(イオンレーティング)処理

スクーデリアシリーズは相応のケースに入ります

ケースサイズは200x190x10mm 重量1300gの樹脂製

オフの日までこのケースで(当ページモデルはオンでも使えますね)

当該品番は「日付窓付」文字盤に変更されています 既に本国出荷分が変更され 「日付窓無し個体」は既存店在庫のみ

銀色ケースの当色番の場合は 発売開始時から日付窓付きで 逆に日付窓無し個体はありません

IP(イオンレーティング)処理
従来の鍍金が被加工物を電解溶液に浸し 表面に異種金属の皮膜を重ねるのに対しイオンプレーティングはプラズマにより イオン化した金属が蒸発して周囲の反応性ガスと反応・化合して被加工物に蒸着させる. 従来の鍍金に比べ 密着性 表面耐久性 工程の安全性は飛躍的に向上している 被膜の密着性が良い(耐食性 耐摩耗性に優れる) 付きまわりが良く 素材の裏面や穴部へも被膜がつく(美しい仕上げが可能). 無公害のプロセス(肌に優しくニッケルを含まない) といった特徴がある

・Ronda社
ETA社に比較される会社. ボリューム汎用部門製品が多いからか ネット上では否定的な意見が多いが. 採用しているメーカーも多い

・SATURNO
ジュゼッペ・ジレラが1909年創業したイタリア ジレラの名車. マン島TTを念頭に創られたと言われる サトゥルノ自体は1939年からあり 永年GP界で活躍したが C.T.Scuderiaのエンリコ・マルガリテッリ氏のイメージは1946-1958年にイタリアで6026台だけ製造されたモデルのようだ

CTスクーデリアはスポーツ用ではありませんので 激しいスポーツ時の使用は控えてください

保証書 / ギャランティー

CTスクーデリアには2枚のギャランティが付きます 手前の黒いカード(裏面は赤)が国際ギャランティで 奥の縦長紙製カードはインポートディーラーが用意したもので この2枚を以って2年間の保証が付きます

弊店では、輸入代理店サイトでご覧の商品のサイズのこと、モニターで伝わらない色などご購入前のご相談にものります

当商品は¥5000を超えますので送料無料です.
代引決済を お選びの場合は代引手数料のみ お願いいたします
詳細はこちら
ただいま店頭欠品中

弊店は スクーデリア オロロジを 全ライン50本程度常備しております 国内で最大在庫店ですが それでも店頭に無い品番もあります 店頭在庫を持たず写真掲載だけでカタログ注文をしているお店ではありませんが 代理店サイトに掲載されているモデルのお取り寄せは当然できます

弊店はCTスクーデリア時計正規販売店です

カフェレーシングスピリット
大人しくないオトナの休日にはスクーデリアのリストウォッチを

バッグ

リストウォッチ

革小物

手帳

その他