CT SCUDERIA 20124 CORSA

CS20124 紺文字盤(S.Steel case)
¥150000(税込¥162000)

ステンレススティール
Black IP finish(case back)
サファイアクリスタルガラス
Swiss Ronda社製クオーツ
クロノグラフ(60秒・30分12時間積算)
牛革ストラップ

日付窓
10atm 防水
ケースサイズ 44mm 厚さ13.3mm(突起部を含まず)

専用ケース・保証書つき

Swiss Made Movement
単品重量 約108g / 梱包重量 約1.7kg(簡易梱包)

心臓部はロンダ社製3520D
10気圧防水の捩じ込み式裏蓋

スクーデリアのリストウォッチ
クロノグラフモデル です

スクーデリアシリーズ中 一番印象的なシリーズ"コルサ" このコルサシリーズに紺色文字盤登場

スピードを競うレース"カフェレーシング"
"コルサ"はまさにスピードを測る計器
即ち"ストップウオッチ"をモチーフにしたシリーズ

濃紺ダイヤルに マスタータイム系の少し小さめインデックス 12時が"60"表記(秒単位表記)なのも この時計の特徴 ストップウォッチ意匠なので視認性が高いモデルです

インダイアルは スモールセコンドと クロノグラフ用 時・分カウンター
分計は30分で1回転(当モデルでは9時位の矢印短針)・時計は12時間で1回転(同ダイヤル内の長針)

3時位置カウンターがスモールセコンドで 最長針がクロノグラフ用秒針なのは 凡そのクロノグラフモデルと共通です

スクーデリア独自のラグが本体ケースを支えるがっちりしたケース

ケース径は少し大きめ44mm ケース厚は13.3mm
メカニカルな計器風な銀色ケース

クロノグラフモデルなので 主リュウズ以外に 2つのプッシュボタンがあります 云わずと知れたストップウォッチ用 スタートストップとリセットボタン

このプッシュボタンには樹脂パーツが付きますが カフェレーサーシリーズ同様 黒色 マスタータイム風 小振インデックスなのも含めて落ち着いた印象

ステンレスシルバーのケースを同色マット調ラグが押さえ それなりの大きさがある時計ですが 腕に着けると そのデザインによる存在感はあるものの 意外にスッキリまとまって見えます

トップリング付きで機械式のMasterTimeよりお求めやすいコルサシリーズに初の紺文字盤 人気のコルサシリーズにブルーダイヤルが追加され選択肢が広がりました

サイドビューは存在感のある時計の印象 構成要素でスポーティな雰囲気です

9時位置インダイアルはクロノグラフ用の時・分計
当モデルでは長針が分計(30分で1回転) 短針は12時間計測計

スイス製ムーブメントを搭載し カフェレーシングをイタリアセンスで表現したこの時計

「腕時計のセレクトで その人物が判る」なんてことをいいますが スポーティなクロノグラフのこの時計を選ぶ方はどんな方でしょう?

文字盤デザイン ギャラリー

ムーブメントの精度 信頼性や その時計の持つファンクション(機能)も大切ですが時計を選ぶ際の重要な要素は やっぱりそのフェイス
各画像はクリックで別窓拡大します

フラッグシップMasterTime系の控えめサイズのインデックス 3時 9時位置に配した白抜きの2つのインダイヤル CaafeRacer同様のコルサケース 6時位置インダイヤル部には ブランドロゴバッヂを収め シリーズの良いとこ取りモデル

12時位置は"60"表記 ストップウォッチそのものなので視認性は抜群

コルサシリーズとしては唯一の控えめインデックス リング付のケースで さらに青文字盤の組み合わせ これは人気が出そうです

5時位置の日付表示窓
6時位置にはロゴバッヂ

標準セットのベルトは牛革製
渋めにムラ染め風ブラウン 肉厚のベルトはクッション部の柔らかさが新鮮 裏面が黒なので 手首の汗じみも気になりません

交換用ベルトページはこちら

ベルト交換は ベルト端に出たレバーを引くとバネ棒が外れます(カンビオ仕様)

CTスクーデリアの"顔"ともいえるCorsaシリーズ

リュウズ部にリングが付くのは このコルサシリーズとマスタータイムシリーズのみ(「CsfeRacer」シリーズはコルサシリーズの一部です)

同時発売の青文字盤ツーリングをデニム系カジュアルに合わせるなら こちらは麻かウールパンツでしょうか

長短針とクロノ針先端に蓄光

マスタータイムは機械式クロノグラフなのもあり 40万円オーバーなので やはりコルサ系が人気になっています

リュウズ部のリングは ベルトを外してストップウォッチになる趣旨のもので 腕時計としては用途のないディテールですが やはりあれば嬉しいディテールですね

搭載の針は(長短針クロノ針とインダイヤル) "CafeRacer"と同じ仕様です

コルサカフェレーサーシリーズから[ケース・針] ・ マスタータイムから[インデックス]を引用しブルーダイヤルを載せたこのモデルは人気が集中しそうです

バリエーション

当シリーズにはバリエーションがあります

今回追加されたのはブルーダイヤル(青文字盤)3種
当ページの金色枠版と旧来からのコルサ文字盤タイプの青文字盤

さらに旧来からの銀色ケース/黒ケースもあります 黒色ケースに白文字盤のモデル・黒色ケースに黒文字盤のオールブラック・銀色ケースに赤文字盤

これらに革ベルト/ナイロンベルト等の仕様違いも

この3種はプッシュボタンがトリコローレに合わせて 当ページ商品の青の部分が緑となります/長短針は白または黒です(当ページで採り上げたモデルはプッシュボタン/長短針共に赤/青仕様です)

トリコロールとトリコローレ:トリコロール(仏語の3色)はフランス国旗3色(赤・青・白) トリコローレ(伊語の3色)はイタリア国旗の3色(赤・緑・白)の意 当シリーズ20100・20111は 特にトリコロールを意識したものではなく ストップウォッチディテールということからの赤と青です

●CS20111
時計本体は左のCS20100と同一
銀色光沢ケース/銀マットラグでプッシュボタンと針はフレンチトリコロール ベルトのみパンチングの牛革白ベルト ¥150000(税別価格)

タイヤパターンベルト装着のカスタマイズ版追加
シリコンラバーにタイヤパターンを施したベルトがコルサシリーズにも追加

CS20116:CS20105との変更点
●タイヤパターンベルト(Dバックル仕様)
●プッシュボタンの「緑」を「青」に
¥170000(税別価格)

さらに 革ベルト(パンチング仕様/スムース仕上げ)各色 / 9ホールシリコンベルト(黒) / NATO仕様ナイロン各色など ベルトを交換することによって 自分だけのモデルにカスタマイズ可(オプションになります)

ケース / IP(イオンレーティング)処理

スクーデリアシリーズは相応のケースに入ります
ケースサイズは200x190x10mm 重量1300gの樹脂製です
オフの日までこのケースで

IP(イオンレーティング)処理
従来の鍍金が被加工物を電解溶液に浸し 表面に異種金属の皮膜を重ねるのに対しイオンプレーティングはプラズマにより イオン化した金属が蒸発して周囲の反応性ガスと反応・化合して被加工物に蒸着させる. 従来の鍍金に比べ 密着性 表面耐久性 工程の安全性は飛躍的に向上している 被膜の密着性が良い(耐食性 耐摩耗性に優れる) 付きまわりが良く 素材の裏面や穴部へも被膜がつく(美しい仕上げが可能). 無公害のプロセス(肌に優しくニッケルを含まない) といった特徴がある

・Ronda社
ETA社に比較される会社. ボリューム汎用部門製品が多いからか ネット上では否定的な意見が多いが. 採用しているメーカーも多い

・CORSA
コンタテンポスクーデリアの顔ともいえるCorsa
イタリアを象徴したカラーリングに ダッシュボードステアリングハンドル グローブ シートベルトなどラグジュアリースポーツカー レースマシン バイクなどで使用されるものと同じものを採り込んでる

CTスクーデリアはスポーツ用ではありませんので 激しいスポーツ時の使用は控えてください

保証書 / ギャランティー

CTスクーデリアには2枚のギャランティが付きます
手前の黒いカード(裏面は赤)が国際ギャランティで 奥の縦長カードはインポートディーラーが用意したもので この2枚を以って2年間の保証が付きます

上記2枚の保証書になります
弊店では、輸入代理店サイトでご覧の商品のサイズのこと、モニターで伝わらない色などご購入前のご相談にものります

当商品は¥5000を超えますので送料無料です.
代引決済を お選びの場合は代引手数料のみ お願いいたします
詳細はこちら

弊店は スクーデリア オロロジを 全ライン50本程度常備しております 国内で最大在庫のショップですが それでも店頭に無い品番もあります 店頭在庫を持たず写真掲載だけでカタログ注文をしているお店ではありませんが代理店サイトに掲載されているモデルのお取り寄せは当然できます

弊店はCTスクーデリア時計正規販売店です

カフェレーシングスピリット
大人しくないオトナの休日にはスクーデリアのリストウォッチを

バッグ

リストウォッチ

革小物

手帳

その他