CT SCUDERIA 70101 Scrambler

CS70101 黒文字盤(IP-Bronze F. stainless case)
¥170000(税込¥183600)

ステンレススティール
Bronze IP finish
サファイアクリスタルガラス
Swiss Ronda社製クオーツ
クロノグラフ(60秒・30分12時間積算)
牛革ストラップ

10atm 防水

ケースサイズ
約45x40mm(厚さ13.3mm)
(突起部を含まず)
専用ケース・保証書つき

Swiss Made Movement
単品重量 約124g / 梱包重量 約1.7kg(簡易梱包)

心臓部はロンダ社製 3520D
本体形状からネジ留め裏蓋ですが 10気圧防水を実現

スクーデリアのリストウォッチ
クロノグラフモデル です

シリーズ初の角型ケースの当モデルは
そのシリーズ名からも想像されるとおり
重厚なデュアルパーパスバイクを意識したデザイン

Scrambler(スクランブラー)は 二輪車では オンロードマシンにオフロードタイヤやマフラー対策などで オンオフ両用とした人気カテゴリで 各バイクメーカーが発表しています

黒ダイヤルに少し大きめホワイトレターインデックス
12時が"60"表記(秒単位表記)なのも この時計の特徴
ストップウォッチ意匠なので視認性が高いモデルです

インダイアルは スモールセコンドと クロノグラフ用 時・分カウンター
分計は30分で1回転(当モデルでは9時位置の長針)
時計は12時間で1回転(同カウンター内の短針)

3時位置カウンターがスモールセコンドで最長針がクロノグラフ用秒針なのは 凡そのクロノグラフモデルと共通です 角型であっても サトゥルノ・ツーリング系の顔です

スクーデリア独自のラグが本体ケースを支えるがっちりしたケース

唯一のスクエアケースは 45x40mm ケース厚は13.3mm

これまたブランド内 唯一のBronze-Finishと表示されるIP仕上げのブロンズ色ケース
これを黒マットラグが押さえ 渋い色の革ベルトと ネーミングの印象そのものです

クロノグラフモデルなので主リュウズ以外に 2つのプッシュボタンがあります
云わずと知れたストップウォッチ用 スタートストップとリセットボタン
このプッシュボタンとリューズのカボッションは黒と 色味を抑えています

それなりの大きさがある時計ですが 腕に着けると そのデザインによる存在感はあるものの 意外にスッキリまとまって見えます

当品番の素材感・色構成要素は このスクランブラーシリーズの中でも秀逸なモデルです
街中から林道を駆け抜けるデュアルパーパスバイクの印象そのもので アウトドアな雰囲気を持ちます

二輪に乗らない方でも ワークブーツなどのハード系シューズが似合いそうです

9時位置インダイアルはクロノグラフ用の時・分計
当モデルでは長針が分計(30分で1回転) 短針は12時間計測の時計
インデックスと長短針類が蓄光

スイス製ムーブメントを搭載し カフェレーシングをイタリアセンスで表現したこの時計

「腕時計のセレクトで その人物が判る」なんてことをいいますが アウトドアスポーティなクロノグラフのこの時計を選ぶ方はどんな方でしょう?

文字盤デザイン ギャラリー

ムーブメントの精度 信頼性や その時計の持つファンクション(機能)も大切ですが時計を選ぶ際の重要な要素は やっぱりそのフェイス
各画像はクリックで別窓拡大します

大きめ表記のアラビア数字インデックスと3時 9時位置に配した2つのインダイヤル スポーティコンセプトな本体ケースのIPブロンズ色 黒マットラグ ベルト色などの構成要素を総合して ミリタリー調なイメージさえあります

竜頭にリング飾りをつけていないのも このモデルにはバランスがとれています

12時位置のカーボンパーツもレーシーなイメージです
羽子板型ですがモチロン羽子板とは関係ありません(笑)
ここが"12"ではなく"60"表記なのは このブランドならでは

当ブランド唯一の角型 スクランブラーシリーズ
その中でも特にこの色番は これまた唯一の「ブロンズIP」仕上げのケース ・ ヘリ部分の色切り替えベルトなど 唯一項目満載
同シリーズ内でも 他色番と比較して 「このシリーズらしさ」をシッカリ持つコレは ベストチョイスかも
スポーツマインドあふれるこの時計 オフの日の愉しみとして

ベルトは後に交換可能ですが このモデルにはこれでベストチョイスでしょう
同系色の尾錠金具が付きます(カンビオ仕様なので着脱も楽)
交換用ベルトページはこちら

リトモラティーノとは違いますので ご購入時のベルト交換はお受けしておりません
(オプションになります)
黒文字盤の時計なので インデックスは白抜きで
そこには蓄光加工を施しており暗時にも対応しています

当CTスクーデリアオロロジシリーズ中でも 唯一の角型ケースモデルであること
そのケースに「ブロンズ色」を取り入れていること. 人気のサトゥルノ・ツーリング系の文字盤を持つこと. さらにコンビカラーのベルトを標準装着していることなど スクランブラーシリーズの特徴を網羅した男らしいモデルです

路面を選ばず駆け抜ける車やバイクを愛するハード系に

【ご注意>】既に入荷の商品は文字盤が「日付窓」付きへと変更されています → 下図
インデックス文字の大きいモデル「サトゥルノ」「ツーリング」などが変更対象の文字盤です
弊店ではもちろん「日付窓」有りを販売しておりますが 「日付窓」の無いモデルも1点ございます. スッキリ顔をご希望の方はお急ぎ下さい

バリエーション

当シリーズにはバリエーションがあります
本品同様のサトゥルノ・ツーリング系文字盤でも銀色ケースに赤カボッションのモデル
金色ケースはベルト違いが2種

上記モデルは現在 店頭在庫切れのため出荷は再入荷後となります

さらに黒マットケース・革のNATOベルトのものと
銀ケースでメタルブレス仕様も

こちらはバーインデックス仕様の3種. 文字盤はスッキリします(角ケースの中に丸い文字盤が刻まれます)
金色ケース・革ベルト仕様のものと
黒マットケース・黒ラグで黄色カボッションと赤カボッションのモデル
この2種は革のNATOベルト仕様です(タイヤパターンベルト装着で「N」が付くモデルも追加) 

このタイプは偶数時間表記アラビアンインデックス
これも上記と同じく 角ケースの中に丸い文字盤が刻まれています
銀色ケース・銀色ラグのモデルと ケースもラグも黒マットの2色です

さらに 革ベルト(パンチング仕様/スムース仕上げ)各色 / 9ホールシリコンベルト(黒) / NATO仕様ナイロン各色などベルトを交換することによって 自分だけのモデルにカスタマイズ可(オプションになります)

ケース / 日付窓 / IP(イオンレーティング)処理

スクーデリアシリーズは相応のケースに入ります
ケースサイズは200x190x10mm 重量1300gの樹脂製です
オフの日までこのケースで

IP(イオンレーティング)処理
従来の鍍金が被加工物を電解溶液に浸し 表面に異種金属の皮膜を重ねるのに対しイオンプレーティングはプラズマにより イオン化した金属が蒸発して周囲の反応性ガスと反応・化合して被加工物に蒸着させる. 従来の鍍金に比べ 密着性 表面耐久性 工程の安全性は飛躍的に向上している
被膜の密着性が良い(耐食性 耐摩耗性に優れる) 付きまわりが良く 素材の裏面や穴部へも被膜がつく(美しい仕上げが可能).
無公害のプロセス(肌に優しくニッケルを含まない) といった特徴がある

・Ronda社
ETA社に比較される会社. ボリューム汎用部門製品が多いからか ネット上では否定的な意見が多いが. 採用しているメーカーも多い

・SATURNO
ジュゼッペ・ジレラが1909年創業したイタリア ジレラの名車. マン島TTを念頭に創られたと言われる
サトゥルノ自体は1939年からあり 永年GP界で活躍したが C.T.Scuderiaのエンリコ・マルガリテッリ氏のイメージは1946-1958年にイタリアで6026台だけ製造されたモデルのようだ

CTスクーデリアはスポーツ用ではありませんので 激しいスポーツ時の使用は控えてください

保証書 / ギャランティー

CTスクーデリアには2枚のギャランティが付きます
手前の黒いカード(裏面は赤)が国際ギャランティで 奥の縦長カードはインポートディーラーが用意したもので この2枚を以って2年間の保証が付きます

上記2枚の保証書になります
弊店では、輸入代理店サイトでご覧の商品のサイズのこと、モニターで伝わらない色などご購入前のご相談にものります

当商品は¥5000を超えますので送料無料です.
代引決済を お選びの場合は代引手数料のみ お願いいたします
詳細はこちら

弊店は スクーデリア オロロジを 全ライン50本程度常備しております 国内でも数少ないショップです
店頭在庫を持たず 写真掲載だけでカタログ注文をしているお店ではありませんが 代理店サイトに掲載されているモデルのお取り寄せは当然できます

弊店はCTスクーデリア時計正規販売店です

カフェレーシングスピリット
大人しくないオトナの休日にはスクーデリアのリストウォッチを

バッグ

リストウォッチ

革小物

手帳

その他