CT SCUDERIA 00319 Coda-corta

CWEE00119 紺文字盤(2 tone-IP-F. & teflon coated stainless case)
¥180000(税込¥198000)

ステンレススティール(IP finish)
2tone IP finish / Teflon coated
サファイアクリスタルガラス
Swiss ETA社製自動巻
日付窓付
シリコンラバーストラップ

10atm 防水
ケースサイズ 約44mm 厚さ13mm(突起部を含まず)

専用ケース・保証書つき

Swiss Made Movement
単品重量 約116g / 梱包重量 約1.7kg(簡易梱包)

心臓部はエタ社製2824
ねじ込み式裏蓋で 10気圧防水

スクーデリアのリストウォッチ
シングルファンクションモデル です

シリーズ初の3時位置リュウズのモデル

シリーズ名コーダコルタとは"ショートテール"の意 クオーツクロノグラフ版で人気だったモデルに 自動巻ムーブメントを載せた3 Hands(3針)モデル版です(シースルーケースバック)

黒色ダイヤルに 当ブランドらしい 秒表示のホワイトレターインデックス

12時が"60"表記(秒単位表記)なのも この時計の特徴で クロノグラフ版のイメージを踏襲し 内側インデックスは ショートテールにした秒針用としました(3時位置に日付窓)

3針モデルなので"時針"・"分針"・"秒針"のみのシンプルフェイス 秒針の"ショートテール赤"がワンポイントです

スクーデリア独自のラグが本体ケースを支えるがっちりしたケース

当ブランドの3時位置リュウズはテスタピアッタのみでしたが 他シリーズに合わせ40-44mm・ケース厚は13mm さらには ラウンドシェイプされた風貌ガラス

ラグ方向にリュウズ類が無いのもあって シンプルなラグ(これまたテスタピアッタ系同様の光沢仕上げのラグです) この黒文字盤では"黒光沢色ラグ"をセレクト

ラグが独立した4ピース構造なのは 当ブランドすべてに共通です もう一つの共通点は ラウンド風防にもつながりますが 風防脇にベゼルが存在すること(ラグ色に合わせています)

さらに特徴的なのは ケースサイドに施されたテフロン加工

耐候性・耐薬品性に優れるこのフッ化加工が 時計に使用されたの はほぼ無いといってよいでしょう. 黒い独特の素材感を示します

そのケースサイドには スクーデリアの新ロゴが赤文字で抜かれます

コーダコルタ(ショートテール)の意匠を3針モデルで
このデザインが欲しいけれど クロノグラフは不要 という方に

スイス製ムーブメントを搭載し カフェレーシングをイタリアセンスで表現したこの時計

「腕時計のセレクトで その人物が判る」なんてことをいいますが 20年代・30年代のマシンを彷彿させる この時計を選ぶ方はどんな方でしょう?

文字盤デザイン ギャラリー

ムーブメントの精度 信頼性や その時計の持つファンクション(機能)も大切ですが時計を選ぶ際の重要な要素は やっぱりそのフェイス
各画像はクリックで別窓拡大します

3時位置リュウズという 一見 普通の時計に見えますが 上記のように 細部にわたる こだわりの構成 特にシングルファンクションシリーズでの この色番は 特徴はしっかり押さえながらもバランスがとれています

ブラックダイヤル(黒文字盤)のモデルで 人気のシリコンラバー 黒色ベルトと黒で統一し 赤い針をワンポイントにしました

元レーサーが立ち上げたブランドだけに クロノグラフ系が多かったのですが ここは3針モデル

部分部分にレース意匠を残しつつも 時計本来の機能も見直したのが 今回のカタログ改変. レース・スポーツは観るだけの方も ぜひ試してみてください

テフロン加工ケースサイドには スクーデリアのロゴが赤文字で抜かれているのも締まって見えます

ベルトもますます進化
デビュー当時からの人気ベルトのシリコンラバーで 当ブランドらしくパンチング処理を施しています. ベルトは後に交換可能ですが このモデルにはこれでベストチョイスでしょう

今回のコーダコルタシリーズは テスタピアッタ系のディテールですが ケース径が44ミリ版になります

ラグ同系色の尾錠金具が付きます(カンビオ仕様なので着脱も楽) 交換用ベルトページはこちら

ショートテールディテールのコーダコルタに無かった3針モデル

オールマイティに使える黒色シリコンラバーベルトもスポーティ仕様

短いセンター針が人気のコーダコルタを 3針モデルで

このデザインが好きでも「クロノグラフは不要」な人のため 3針モデルもデビューしました(だからこそ自動巻を採用)

3時位置リューズであることも 当ブランドが初めての方にもとっつき易いモデルになっています

当CTスクーデリアオロロジシリーズ中でも 唯一の3時位置リュウズモデルであること 自動巻を採用していること そのケースにテフロン加工を施していること 4ピース構造は維持していることなど スクーデリアシリーズの特徴はもちながらも 雰囲気を変えたモデルです

スポーティな時計に興味はあるけれど 派手なものは という方に

バリエーション

当シリーズにはバリエーションがあります

"ツーリング"シリーズに組まれた今回の自動巻コーダコルタは 青文字盤革ベルトとメタルブレス. 黒文字盤のシリコンベルトでバリエ構成

この自動巻シリーズ以外に 従来のクオーツクロノグラフもあります

但し クロノグラフ版は今回のカタログ改変で一時休止になっているため 当面 既存店在庫のみとなります

ケース / 日付窓 / IP(イオンレーティング)処理

スクーデリアシリーズは相応のケースに入ります

当モデルは19年後半以降の新作なので 画像のケース

オフの日までこのケースで

・ETA社
エタ・エス・アー・マニュファクテュール・オルロジェール・スイス(ETA SA Manufacture Horlogère Suisse 、ETA SA)はスウォッチの系列会社であり 機械式 クォーツ式双方の時計機械を製造. 昨今では西ヨーロッパで製造される機械式腕時計の大半が同社の機械を購入してそのまま あるいは手直しして使用している. 通常 単にETAと略称される. スイスの時計ムーブメント業界における有力企業群が古くから大合同や提携を繰り返す過程において 1926年に成立したエボーシュグループが直接の前身. 1982年にエタ・フォンテンメロン・EEMの経営統合、1985年のエボーシュグループ経営統合で一つの企業体となった. 現在スウォッチ・グループの基幹企業の一つで 70年代の「クォーツショック」後 大幅再編を余儀なくされたスイスの時計界においても重要な役割の存在. 機械式時計ムーブメントの主要製品では 前身企業群の製品から基本設計や技術を継承し 大量生産に適化する改良を加えた堅実な構造を基調としている

CTスクーデリアはスポーツ用ではありませんので 激しいスポーツ時の使用は控えてください

保証書 / ギャランティー

CTスクーデリアには2枚のギャランティが付きます 手前の黒いカード(裏面は赤)が国際ギャランティで 奥の縦長カードはインポートディーラーが用意したもので この2枚を以って2年間の保証が付きます

弊店では、輸入代理店サイトでご覧の商品のサイズのこと、モニターで伝わらない色などご購入前のご相談にものります

当商品は¥5000を超えますので送料無料です.
代引決済を お選びの場合は代引手数料のみ お願いいたします
詳細はこちら

弊店は スクーデリア オロロジを 全ライン50本程度常備しております 国内で最大在庫店ですが それでも店頭に無い品番もあります 店頭在庫を持たず写真掲載だけでカタログ注文をしているお店ではありませんが 代理店サイトに掲載されているモデルのお取り寄せは当然できます

弊店はCTスクーデリア時計正規販売店です

カフェレーシングスピリット
大人しくないオトナの休日にはスクーデリアのリストウォッチを

バッグ

リストウォッチ

革小物

手帳

その他