E.Marinella 7091 Piazza Viattoria

7091-1 白文字盤(茶ベルト)・7091-2 青文字盤(紺ベルト)・7091-3 黒文字盤(黒ベルト)・7091-4 ブラウン文字盤(茶ベルト)
¥130000(税込¥140400)

ステンレススティール
サファイアクリスタルガラス
Swiss ETA製6497(手巻) 17石
ワニ革(クロコダイル)

5気圧防水
ケースサイズ
直径約44mm(厚さ12mm)
(突起部を含まず)

専用ケース・保証書つき
Made in Italy
単品重量 約96g / 梱包重量 約700g(簡易梱包)

手巻きの心臓部はETA製

マリネッラのリストウォッチ
手巻シングルファンクション です
スーツとの相性も良いクラシックな表情のモデル

手巻ムーブメントは多くのメーカーも採用する信頼の6497を装備
Piazza Viattoria(ヴィットリア広場)はブランド創業の地

デイト表示は省略
(ムーブメントはスケルトンのケースバックからご覧頂けます)

インダイヤルを9時位置に配置

ムーブメントは多くのメーカーも採用する信頼の手巻き ETA6497を装備 本体ケースバックからご覧いただけます

6497ムーブ(スモールセコンド位置の違いで6498も)は永年(1940~50年代から)実用ムーブメントとして多くの時計に採用されています

がっちりしたケース
ケース直径はオーソドックスな44mm ケース厚は12mm程

バーインデックス バーデザインの長短針で
9時位置にスモールセコンドを付けたシンプルで美しいモデル


リュウズには「M」の文字(筆記体で描かれています)

オーソドックスな44mm径 12mm厚 分厚過ぎないケースはヘアライン仕上とポリッシュ仕上のコンビ

身に付けられる方の手首の太さによりますが それなりに存在感のあるベーシックなケース

当シリーズ全般にシンプル揃いですが コレもシンプルな文字盤です 他シリーズからさらにデイト表記も省いています インデックスも針も 潔いバーデザイン 9時位置にスモールセコンドを載せただけ

それなりに存在感のあるケースに 文字盤の表情はバーデザインからも カッチリ系な印象
スイス製ムーブメントを搭載しイタリアでの生産にこだわったこの時計

「腕時計のセレクトで その人物が判る」なんてことをいいますが シンプルでキッチリしたこの時計を選ぶ方はどんな方でしょう?

文字盤デザイン ギャラリー

ムーブメントの精度 信頼性や その時計の持つファンクション(機能)も大切ですが時計を選ぶ際の重要な要素は やっぱりそのフェイス
各画像はクリックで別窓拡大します

9時位置にスモセコを配しただけ この9時位置に一眼というバランスがよいですね

バーインデックスとバーデザインの潔い針に ブランドロゴの持つ雰囲気 そこへ「Mecanique」の文字は筆記体表示 シャープさとクラシカルの絶妙なバランスです

僅かにラウンドさせた風防ガラスは シンプルなバーデザインのインデックスと針に光を取りこみます

シャープさと柔らかさの絶妙なバランスです

「手巻」という機構も 味わい深いモデル 手で巻くからこそ愛着も湧くというものです

シンプルなモデルだからこそ その「」が問題です

ベーシックな白や黒なのか はたまた 青やブラウンで個性を主張するか

ベーシックな白文字盤や黒文字盤もキレイですが  濃紺 ブラウンも美しく どれを選ぶか 迷います

ストラップベルトの革はイタリア製クロコダイル

ベルトの組み合わせは 自動巻モデルと共通

白文字盤とブラウン文字盤には濃茶ベルト・青文字盤には濃紺ベルト・黒文字盤は黒ベルトです

当モデルには現段階で交換ベルトはございません
順次 追加入荷を予定しています

リトモラティーノとは違いますのでご購入時のベルト交換はお受けしておりません

クラシカルな要素も保ちながら 現代的なシャープさも兼ね備えています

この表情で「手巻き」というのがまた良いですね

もちろんスーツの際に着用するのは当然として良い時計というモノはオフの日も愉しみたいですね
あなたはどのようなファッションに合わせますか?

マリネッラ機械式時計の他の3つのシリーズと比較すると白文字盤の色合いに微妙な違いも

当7091モデルは 左画像内 右端で 純粋にホワイトです 7061の白文字盤のみが 僅かに緑掛かった白です

色合いは光線の加減で変化します
黒モデルは文字盤の黒とケース色のコントラストがシャープ

当ページの709系と7061とは ケース側面 ラグ部の仕上に違いがあります
709系はマット仕上とポリッシュのコンビ仕様 7061はポリッシュのみの仕様

エッジの効いたシャープな印象です

バリエーション

当品番には黒文字盤モデルもあります
シャープな印象のデザインなので 黒文字盤の方は その最たるモデル

黒文字盤モデルは現在 店頭在庫切れのため出荷は再入荷後となります

ケース

マリネッラシリーズは相応のケースに入ります
当モデルの場合は右のケース
ケースサイズは124x124x93mm 重量346gの革巻です

3種在る中の中間サイズのケース

ETA製 cal.6497(手巻き)
耐久性 保守性 精度のバランスに優れたムーブメントで 対応が非常に柔軟であるこのことから 同系統モデル(6498)を含めて たいへん多くのメーカーに採用された実績を持つモデル 1940~50年代に製造が始められた堂々たる歴史をもったムーブメントで 現在でも往時のメーカー名であるユニタスのペットネームで呼ばれることが多い 直径37mm強と 懐中時計としては やや小型だが それを利して近年では 腕時計にそのままや 改造されて積まれることも多い機械 腕時計としては42mmぐらいに収まるので(デカアツブーム以前では大型に入るもの) 実用範囲になるのが魅力的 ある程度廉価かつ実用的な時計の機械は 機械式時計復興の時点で現役だったのが ほとんどこれだけだった事から 現代では非常に普及した機械 特徴としては直線的なブリッジの造りだが これは近代になって作り直されたのではなく 比較的古い年代からの特徴 テンプはきわめて大型で シンプルな構造もあって とても素直な良い機械である.

ETA社
現ETA社の誕生は1985年. SMHグループ子会社としてスイス時計ムーブメント専用会社として君臨.
半完成品ムーブを作っていたエボーショSAを母体に持ち ムーブメント会社連合体で成っている.
遡ればフォンテンメロン・ETA・ア・シールドの3社が1926年に生産向上性を狙って連合体を結成したのが始まりでその後 高級クロノグラフムーブメント「バルジュー社」「ヴィーナス」 ポケットウオッチムーブメント「ユニタス」など17社が融合
各社は部品の品質の向上とノウハウなどが向上され かなりの精度の向上も目覚しくなる.
その結果60年代後半から 時計会社も高精度・低価格のエボーシュを積極的に採用し 自社生産する会社が少なくなる.
特に技術力が必要なクロノグラフやハイビートモデルなどはエボーシュSAの独壇場に.
70年代後半からはスイスフラン高騰と日本製クォーツが台頭. 機械式時計全体が衰退し エボーシュSA各社も経営が悪化
その中で一番大きかったETA社が各エボーシュ社を吸収合併する形で現ETA社が誕生


弊店では当ブランドの腕時計のみ扱っています
画像中の撮影小物として使用したネクタイなどは東京ミッドタウン内のブティックへお問い合わせ下さい

当商品は¥5000を超えますので送料無料です.
代引決済を お選びの場合は代引手数料のみ お願いいたします
詳細はこちら

新代理店に変更直後なので交換ベルトは未だ揃いませんが追って入荷する予定です
ご了承下さいませ

保証書をお付けしています
当面 国際仕様の保証書になります

弊店では、輸入代理店サイトでご覧の商品のサイズのこと、モニターで伝わらない色などご購入前のご相談にものります

マリネッラ オロロジを 6ライン20本程度常備しております(全6ライン/色込26種)
国内でも数少ないショップです
店頭在庫を持たず写真掲載だけで カタログ注文をしてるお店ではありませんが 代理店サイトに掲載されているモデルのお 取り寄せは当然できます

弊店はマリネッラ時計正規販売店です

メイドインイタリーの誇り
シックな正統スーツにマリネッラタイを合せるように袖口にはマリネッラのリストウォッチを

バッグ

リストウォッチ

革小物

手帳

その他