E.Marinella 7092 Piazza Viattoria

7092-1 白文字盤(茶ベルト)・7092-2 青文字盤(紺ベルト)・7092-3 黒文字盤(黒ベルト)・7092-4 茶文字盤(茶ベルト)
¥250000(税込¥270000)

ステンレススティール
サファイアクリスタルガラス
Swiss ETA製valjoux7750(自動巻) 25石
デイト表示付き
ワニ革(クロコダイル)

5気圧防水

ケースサイズ
直径約44mm(厚さ14mm)
(突起部を含まず)

専用ケース・保証書つき
Made in Italy
単品重量 約120g / 梱包重量 約700g(簡易梱包)

自動巻きの心臓部はETA製

マリネッラのリストウォッチ
自動巻クロノグラフ です
クロノグラフモデルの中で当モデルは3眼タイプ
スーツとの相性も良いクラシックな表情のモデル

自動巻ムーブメントは多くのメーカーも採用する信頼のヴァルジュ7750を装備
Piazza Viattoria(ヴィットリア広場)はブランド創業の地

デイト表示も装備
(自動巻の心臓部は裏ガラスから見ることが可能)

3カウンターの配置

自動巻ムーブメントは多くのメーカーも採用するクロノ用 ヴァルジュ7750(裏面からご覧頂けます)

750ムーブは3カウンタータイプです 当品番の場合は左に寄せた 3眼インダイヤル仕様

30分計 / 12時間計 / スモールセコンド 3時位置にはデイト表示窓を装備

がっちりしたケース
ケース直径は44mm ケース厚は14mm 程特別大きくはなく標準メンズサイズです

クロノグラフモデルなのでメインリュウズ以外に2つのプッシュボタンがあります
云わずと知れたストップウォッチ用スタートストップとリセットボタン

リュウズには「M」の文字(マリネッラロゴ書体で描かれています)

マリネッラ機械式シリーズ中もっともメカニカルなモデル クロノグラフ機能を搭載しているからですが…

バーデザインのインデックスと長短針は ミニマルに端正な顔立ちを印象付けます

凡そクロノグラフ搭載のモデルは 文字盤がごちゃごちゃしがちですが 当モデルは省くところ(インデックス)は省き シンプルに徹した美学

44mm径 / 13mm厚ケース
それなりに存在感のあるベーシックなケースで メカニカルハードになりがちなクロノグラフですが 文字盤の雰囲気からも ごつくない印象に仕上がってます

スイス製ムーブメントを搭載し イタリアでの生産にこだわったこの時計 腕時計のセレクトで その人物が判るなんてことをいいますが エレガントなクロノグラフのこの時計を選ぶ方はどんな方でしょう?

文字盤デザイン ギャラリー

ムーブメントの精度 信頼性や その時計の持つファンクション(機能)も大切ですが時計を選ぶ際の重要な要素は やっぱりそのフェイス
各画像はクリックで別窓拡大します

端正なバーインデックスと 12時 6時 9時位置に配した3つのインダイヤル

3時位置にデイト表示窓

ダイヤル上の文字「Automatic」は筆記体で描かれて それらがクラシカルな印象を生んでいます

何より文字盤の色ですね
珍しいのがブラウン(ブロンズ系)の文字盤

白文字盤の清潔感も捨てがたいところですが やはりブラウンの文字盤は目を惹きます

一部画像は個別ディテールを強調しており 色が異なって見えますが 文字盤色は下記の通りです

光沢ブロンズ系のブラウン文字盤

僅かにラウンドの風防ガラスから見える 茶文字盤が新鮮ですね

茶といってもブロンズ系光沢ブラウンは他のブランドでも稀有な存在の色

当ページ内 一部写真の 同ブランド製カシミヤタイと相性が良いモデルです

ストラップベルトはイタリア製クロコダイルベルト

今回の白文字盤には黒色・茶文字盤には茶色ベルトを装着

黒文字盤モデルには黒ベルト・青文字盤モデルには濃紺ベルトです

当モデルには現段階で交換ベルトはございません
順次 追加入荷を予定しています
リトモラティーノとは違いますのでご購入時のベルト交換はお受けしておりません

クラシカルでありながら シャープな表情のこの時計

もちろんスーツの際に着用するのは当然として 良い時計というモノはオフの日も愉しみたいですね

あなたはどのようなファッションに合わせますか?

マリネッラ機械式時計の他の3つのシリーズと比較すると白文字盤の色合いに微妙な違いも

当7090系モデルは純粋にホワイトですが 7061の白文字盤はこのモデルより僅かに緑掛かった白です 色合いは光線の加減で変化します

黒モデルは 文字盤の黒とケース色のコントラストがシャープ

上記の7061と当ページの709系は ケース側面 ラグ部の仕上に違いがあります

709系はマット仕上とポリッシュのコンビ仕様 7061はポリッシュのみの仕様

リーフ針やインデックスも含めて 柔らかな印象の7061と違い この7092は エッジを効かせた印象

バリエーション

当品番には青文字盤・黒文字盤モデルもあります

これらモデルは現在 店頭在庫切れのため 出荷は再入荷後となります

ケース

マリネッラシリーズは相応のケースに入ります
当モデルの場合は右のケースです

ケースサイズは150x115x81mm 重量416gの樹脂製です
3種在る中の一番豪華版

ETA製valjoux7750(自動巻)
バルジュー7750 【キャリパー7750】
'74年にバルジュー社が開発し 耐久性 保守性 精度のバランスに優れたベストセラー
キャリーパー7750は輪列機構とクロノグラフ機構機構の上に自動巻き機構が付加されており取り外しなどは容易に行えるように開発されている。日付け表示や曜日表示を省略するブランドも多く対応が非常に柔軟であるこのことから多くのメーカーに採用されている
機械式時計の復権は、この機械から始まったといっても過言ではない
1段引きで手巻きの巻上げ対応、2段引きで日付けと曜日の調整、3段引きで秒針がとまる

ETA社
現ETA社の誕生は1985年. SMHグループ子会社としてスイス時計ムーブメント専用会社として君臨.
半完成品ムーブを作っていたエボーショSAを母体に持ち ムーブメント会社連合体で成っている.
遡ればフォンテンメロン・ETA・ア・シールドの3社が1926年に生産向上性を狙って連合体を結成したのが始まりでその後 高級クロノグラフムーブメント「バルジュー社」「ヴィーナス」 ポケットウオッチムーブメント「ユニタス」など17社が融合
各社は部品の品質の向上とノウハウなどが向上され かなりの精度の向上も目覚しくなる.
その結果60年代後半から 時計会社も高精度・低価格のエボーシュを積極的に採用し 自社生産する会社が少なくなる.
特に技術力が必要なクロノグラフやハイビートモデルなどはエボーシュSAの独壇場に.
70年代後半からはスイスフラン高騰と日本製クォーツが台頭. 機械式時計全体が衰退し エボーシュSA各社も経営が悪化
その中で一番大きかったETA社が各エボーシュ社を吸収合併する形で現ETA社が誕生

valjoux
Valjoux」フランス語読みで「バルジュ」. その語源は フランス語の「Vallee de Joux(ジュウ渓谷)」
クロノグラフのムーブメントメーカーとして あまりに有名. 1901年、Raymond兄弟により 同渓谷内のレ・ビュに創設
当初は「Raymond社」という社名であったが 後に「Val de Joux (バルジュー)社」と改名
社名変更後も ムーブメントには Raymond家の頭文字「R」を刻印
1944年にエボーシュ連合社の傘下となり クロノグラフムーブメントの住み分けを行い中価格以上のムーブはビーナスとバルジューが製造を担当


弊店では当ブランドの腕時計のみ扱っています
画像中の撮影小物として使用したネクタイなどは東京ミッドタウン内のブティックへお問い合わせ下さい

当商品は¥5000を超えますので送料無料です.
代引決済を お選びの場合は代引手数料のみ お願いいたします
詳細はこちら

新代理店に変更直後なので交換ベルトは未だ揃いませんが追って入荷する予定です
ご了承下さいませ

保証書をお付けしています
当面 国際仕様の保証書になります

弊店では、輸入代理店サイトでご覧の商品のサイズのこと、モニターで伝わらない色などご購入前のご相談にものります

マリネッラ オロロジを 6ライン20本程度常備しております(全6ライン/色込26種)
国内でも数少ないショップです
店頭在庫を持たず写真掲載だけで カタログ注文をしてるお店ではありませんが 代理店サイトに掲載されているモデルのお 取り寄せは当然できます

弊店はマリネッラ時計正規販売店です

メイドインイタリーの誇り
シックな正統スーツにマリネッラタイを合せるように袖口にはマリネッラのリストウォッチを

バッグ

リストウォッチ

革小物

手帳

その他