shop.S.J.   ショップtop > 革小物 > 長財布 S.J.project
Duct
ブライドル長財布 bridle leather wallet duct  
ブライドルレザー長財布 BL-100
¥12000(税込¥12960)
180x90x15mm(突起部は含まず)
札仕切ポケットx4
カードポケットx12

ブライドルレザー(牛革)
xバケッタレザー(牛革)
札仕切り内部とポケット裏に
補強用の 裏地を付けています

黒、バーガンディ、ナチュラル
単品重量
82g
梱包重量
180g

専用通い箱サイズ
192x102x131mm
B5クッション封筒
でお送りいたします
(1点お求めの場合)
ご要望の高い
ブライドルレザーの長財布です

ブライドル革ならではの存在感

マチを省いた薄型
この革に多くみられる
ごついカタチを敢えて避け
スリムデザインを採用

お札収納は4か所
すべてマチ無しに

スッキリ カードポケット
と共にレイアウトしました
マチを取らないスリムデザイン マチ無しの
札入れ部は
左右2ヵ所ずつ
設定しています

カードは
片側に6枚
両側で12枚
素材近景;クリックで別窓拡大 本物のブライドルレザー
ならではの表情

表面のブルームは
使ううちに 擦れて消え
ツヤのあるベース色に変化

ブルームが取れても
しっかりワックスが
しみ込んでいます
お使いになる前に ブルームを取っても構いません
(皮革用ブラシなどで擦り 柔らかい布などで馴染ませます)

お財布なので そういう事はないかと思いますが
使わないでいると 再びブルームは出てきます

ブルームの出方は 個別商品ごとに異なります
(しみ込ませた蝋が自然に染み出るものなので ご指定はご容赦ください)
内装皮革に
CALLIGIANA社バケッタレザー
:FIANCHIをコンビにしています
併せのバケッタレザー 内装革のFIANCHIは
ワックスアイロン加工なので
さらりとした手触りで バケッタと言っても
それらしいシボは抑えたフラット仕様

敢えて 表の革と色を替えていますので
コンビのコントラストを愉しんで頂けます
バーガンディの内側(黒のバケッタ) ナチュラルの内側(茶色のバケッタ) ブラックの内側(茶色のバケッタ) 表の革が
バーガンディは
黒のバケッタ
ナチュラルと
ブラックには
茶色バケッタ
を組みました
ココがポイント! このモデルのココがスゴイ
この素材のお財布で
コレだけのスリムデザイン
まず見かけませんね
しかも この価格!

鹿革長財布に近いカタチですが
コチラは上部から入れる部分の無い
純粋にスリム型です
薄型スマートなデザイン ブライドルレザーという
この革自体は気になっていても
世間一般的な 「いかにも型」 ではちょっと…
というアダルトなあなたに

高級素材を シックにさりげなく
それでいて 遊び心は
この配色に活きています
お札の収納例 実生活の中では
「大量の札束」
を必要とするコトは稀

スリムにお持ち頂けます
弊店SJブランドの「鹿革長財布」に
似た内装デザインのお財布ですが
こちらはお札収納を カード部下に限り
よりスリムなカタチになっています
 
同じ革(ブライドルレザー)を使ったシリーズには
●折財布 / ●小銭入 / ●名刺入れ がございます
使用皮革:イギリスの老舗タンナー:J&E SEDGWICK社のブライドルレザーと
内装皮革に CALLIGIANA社のバケッタレザー:FIANCHIをコンビにしています
上質なカウハイドを凡そ6週間かけてベジタブルタンニング、更に3ヶ月かけ蜜蝋.
牛脂を革の深部にまで塗り込んだ最高級牛革です. 表面に浮かぶ白い粉は「ブルーム」
浸透した蜜蝋が気温変化で表面に出たもので これがブライドルレザーの証明です
 
革タグ 当シリーズには
左写真の革タグが付きます

タンナー:J&E SEDGWICK社の
ブライドルレザーであることを
証明するもので
タンナーに承認を得ております
コバの仕上げ コバ(革端)
の仕上げ
 
内装色同色系モデルを追加しました ●長財布(内装同系色) ●折財布(内装同系色)
 
革製品は使い込むと色の変化があります
より深い色へと変わります
黒はそれより黒くはならないので そのまま
  当商品は送料無料です
当商品単品でのお求めの
デリバリには 商品サイズから
ポスト投函の定形外郵便が
到着時に不在でも受け取れて
便利です
決済方法のご参考にはこちらをご覧下さい
ショッピングカート
copyright S.J.project
S.J.project / SataniqueJardin / SYSTEMA / shop.S.J.
shop.S.J.bags / small leather goods / agenda / others
このページのトップへ