CT SCUDERIA 10210 DashBoard

CS10210 黒文字盤(S.Steel IP case)
¥210000(税込¥226800)

ステンレススティール
Black IP finish see through back
サファイアクリスタルガラス
自動巻(Val Swiss) 21石
シングルファンクション
36H パワーリザーブ

レザーストラップ
10atm 防水

ケースサイズ
44mm(厚さ13.3mm)
(突起部を含まず)

専用ケース・保証書つき
Swiss Made Movement
単品重量 約126g / 梱包重量 約1.7kg(簡易梱包)

自動巻の心臓部ValswissCSD-01
当品番のケースバックはスケルトン

スクーデリアのリストウォッチ シングルファンクションモデル

当ブランドならではのスポーティデザインですがスーツとの相性も良いクラシックな表情のモデル
こういうシリーズだけに自動巻を採用しています

新シリーズ「ダッシュボードコレクション」
過去の名車のインパネから速度計などのディテールをモチーフにしたシリーズ

これは1958年製ロールスから

ロールスメーター意匠同様のレイルウェイインデックス内側キロ 外側マイルの表示もちろん数字字体も同じものです

黒いダイヤルに 当ブランドとしては少し控えめサイズのインデックス
上記のとおり58年製ロールスロイスのメーター意匠を取り込みレイルウェイインデックスを外枠に
120マイル/hまでのマイル表記. 内枠には実車ではkm/hですが ここでは時計用の12分割(1-12表記)に

レーシングスピリット満載のスクーデリアシリーズ中表記数字サイズからか 控え目なフェイスなので オフィシャルでも使用できそう

往時のメーター意匠でリューズは6時位置ですシングルファンクション(3針)なのでプッシュボタンはありません

スクーデリア独自のラグが本体ケースを支えるがっちりしたケース

ケース径は少し大きめ44mm ケース厚は13.3mmです
右画像で僅かに見えるように速度計意匠の数字と長短秒針が蓄光
ポリッシュ仕上げケースとマット調のラグ

主リューズを守るようにクロノ系とは異なるガードパーツが付きます
このパーツも ラグ同様 マット系の銀色です

新作の穴開き仕様革ベルトとの相性も良くオトナの身の回り小物を印象付けます

銀色のケースをマットシルバーのラグが押さえそれなりの大きさがある時計ですが腕に着けると そのデザインによる存在感はあるものの意外にスッキリまとまって見えます

新作の大きな穴のあいたベルトですが 上品なタン色をセレクト
このベルトと黒文字盤に描かれた120マイル/h(キロ換算で約200km/h)
往時のロールスを彷彿とさせるディテールです

サイドビューは存在感のある時計の印象
構成要素でスポーティな雰囲気です

58年製ロールスの黒い速度計レプリカの文字盤
往時のリセットボタンを意識した6時位置のリューズ
渋いタン色のベルト
そのすべてがオトナの男に贈るディテールですね

スイス製ムーブメントを搭載しカフェレーシングをイタリアセンスで表現したこの時計

「腕時計のセレクトで その人物が判る」なんてことをいいますが旧き良き時代のマシンをイメージした この時計を選ぶ方はどんな方でしょう?

左画像のルクスオッティカ社製サングラスは撮影小物です 弊店取り扱い品ですが 当商品に含みません

文字盤デザイン ギャラリー

ムーブメントの精度 信頼性や その時計の持つファンクション(機能)も大切ですが時計を選ぶ際の重要な要素は やっぱりそのフェイス
各画像はクリックで別窓拡大します

ダイヤル直径と文字サイズのバランスが渋いですねく
黒ベースの文字盤に夜光塗料を施した色合い
そこにタン色ベルトというオトナな組合わせになってます

同様表示の二輪メーターと一緒に
バイクが日本仕様なのでマイルとキロ表記が逆ですが…

自動巻きの秒針が…流れるように動く様もオトナな時計

存在感のある本体サイズですが腕にしている本人には意外に落ち着いた印象に
モータースポーツに限らず時間を計測する全てのスポーツマンに

細部まで"語れる"時計ですね
"語り過ぎる"のはご法度ですが

58年製ロールスの黒い速度計レプリカの文字盤
シンプルで見飽きずそれでいて味わいのある文字盤

黒文字盤に描かれた120マイル/h(キロ換算は1.6093を乗算し 193.116km/h)
ロールスメーター意匠同様のレイルウェイインデックス
内側キロ 外側マイルの表示(当モデルでは内側の赤文字は時計表示になります)
もちろん数字字体も同じものです

往時のロールスを彷彿とさせるディテールです
昨今のスーパースポーツのように300km/hみたいな数字じゃなく200km/h弱にあたる120マイル/hってところも良い雰囲気です
計測系ディテールですが3Handsウォッチです(クロノグラフ機能はございません)

大きな穴をパンチングしたベルトは牛革製でレーシーな雰囲気を盛り上げます
同系色の尾錠金具が付きます(カンビオ仕様なので着脱も楽)

交換用ベルトページはこちら

リトモラティーノとは違いますのでご購入時のベルト交換はお受けしておりません(オプションになります)

このモデルの夜間視認性は長短針と秒針に加えて特徴的なスピードメーター意匠にも蓄光
といっても これで時を読み違える方はいませんよね(笑)

CTスクーデリアの新シリーズ
下記のような文字盤色のバリエーションもあります

オトナの男には それぞれに思い入れのあるクルマやお気に入りのメーカーがあることでしょう
どのマシンを選ぶ?

バリエーション

当シリーズにはバリエーションがあります
名車に想いを寄せて

ダッシュボードシリーズの初回はこの5種
53年AlfaRomeoのメーターレプリカのCS10211
59年SmithsメーターレプリカのCS10212
59年SmithsメーターレプリカのCS10220
56年Austin-HealeyのメーターレプリカCS10213
54年Jaguar-DのメーターからCS10214
もちろんすべて「自動巻」 やっぱり機械式じゃなきゃね

スピードメーターとしては 0の始まる位置が異なるものもコレクション内にはありますが時計自体は通常通りに右回りの12時間計です(笑)

上記のとおり 各マシンごとにスピードメーターのディテールは異なりますが 当シリーズは文字盤の意匠としてそれらを採用しているため時計としての針の動きは通常の3針の時計と同様なものとなっております

さらに 革ベルト(パンチング仕様/スムース仕上げ)各色 / 9ホールシリコンベルト(黒) / NATO仕様ナイロン各色など ベルトを交換することによって 自分だけのモデルにカスタマイズ可(オプションになります)

ケース / IP(イオンレーティング)処理

スクーデリアシリーズは相応のケースに入ります
ケースサイズは200x190x10mm 重量1300gの樹脂製です
オフの日までこのケースで

IP(イオンレーティング)処理
従来の鍍金が被加工物を電解溶液に浸し 表面に異種金属の皮膜を重ねるのに対しイオンプレーティングはプラズマにより イオン化した金属が蒸発して周囲の反応性ガスと反応・化合して被加工物に蒸着させる. 従来の鍍金に比べ 密着性 表面耐久性 工程の安全性は飛躍的に向上している
被膜の密着性が良い(耐食性 耐摩耗性に優れる) 付きまわりが良く 素材の裏面や穴部へも被膜がつく(美しい仕上げが可能).
無公害のプロセス(肌に優しくニッケルを含まない) といった特徴がある

・Ronda社
ETA社に比較される会社. ボリューム汎用部門製品が多いからか ネット上では否定的な意見が多いが. 採用しているメーカーも多い

・DashBoard
コンタテンポスクーデリアの新シリーズ「ダッシュボード」
名車と言われたラグジュアリースポーツカーやレースマシンなどのメーターをレプリカし 文字盤意匠にレースマシン バイクなどで使用されるものと同じものを採り込んでる

C.T.スクーデリアはスポーツ用ではありませんので 激しいスポーツ時の使用は控えてください

保証書 / ギャランティー

CTスクーデリアには2枚のギャランティが付きます
手前の黒いカード(裏面は赤)が国際ギャランティで 奥の縦長カードはインポートディーラーが用意したもので この2枚を以って2年間の保証が付きます

保証書をお付けしています
上記2枚の保証書になります
弊店では、輸入代理店サイトでご覧の商品のサイズのこと、モニターで伝わらない色などご購入前のご相談にものります

当商品は¥5000を超えますので送料無料です.
代引決済を お選びの場合は代引手数料のみ お願いいたします
詳細はこちら

弊店は スクーデリア オロロジを 全ライン50本程度常備しております
国内でも数少ないショップです
店頭在庫を持たず写真掲載だけでカタログ注文をしているお店ではありませんが代理店サイトに掲載されているモデルのお取り寄せは当然できます

弊店はCTスクーデリア時計正規販売店です

カフェレーシングスピリット
大人しくないオトナの休日にはスクーデリアのリストウォッチを

バッグ

リストウォッチ

革小物

手帳

その他