CT SCUDERIA 30104 Testa-Piatta

CS30104 黒文字盤(2 tone-IP-F. & teflon coated stainless case)
¥140000(税込¥151200)

ステンレススティール
2tone IP finish / Teflon coated
サファイアクリスタルガラス
Swiss Ronda社製クオーツ
クロノグラフ(60秒・30分・12時間積算)
シリコンラバーストラップ

10atm 防水
ケースサイズ 約42mm 厚さ12.5mm(突起部を含まず)

専用ケース・保証書つき

Swiss Made Movement
単品重量 約110g / 梱包重量 約1.7kg(簡易梱包)

心臓部はロンダ社製 Startech
ねじ込み式裏蓋で 10気圧防水

スクーデリアのリストウォッチ
クロノグラフモデル です

シリーズ初の3時位置リュウズのモデル

シリーズ名テスタピアッタとは"フラットヘッド"の意 往時のフラットヘッド(サイドバルブ)エンジンを意識したデザインからか サイドバルブ(3時位置リュウズ)に (エンジン形式などの解説は下記)

黒いダイヤルに 当ブランドらしい 秒表示のホワイトレターインデックス 12時が"60"表記(秒単位表記)なのは 当ブランドで標準仕様ですが インダイヤルの位置から 60と30は小さめ表記

縦2眼インダイヤルクロノグラフなのが 当シリーズのクロノグラフモデルの特徴です

12時位置と6時位置の配されたインダイアルは クロノ未可動時には 長めにデザインされたクロノグラフ針(最長針)に隠れて 縦1本に走る"赤い線"となって目を惹きます

スクーデリア独自のラグが本体ケースを支えるがっちりしたケース

シリーズ初の3時位置リュウズケースは 他シリーズより小さい42mm・ケース厚は12.5mm さらには ブランド初のラウンドシェイプされた風貌ガラスも相まって 小振りに見えます

ラグ方向にリュウズ類が無いのもあって シンプルなラグ(これまたブランド内 唯一の光沢仕上げのラグです) 弊店では クロノグラフでは"銀色ラグ・黒ベゼル"をセレクト ラグが独立した4ピース構造なのは 当ブランドすべてに共通です

もう一つのブランド初は ラウンド風防にもつながりますが 風防脇にベゼルが存在すること(文字盤を大きく見せるためにも 黒ベゼルをセレクト)

さらに特徴的なのは ケースサイドに施されたテフロン加工

耐候性・耐薬品性に優れるこのフッ化加工が 時計に使用されたの はほぼ無いといってよいでしょう. 黒い独特の素材感を示します

そのケースサイドには スクーデリアの新ロゴが赤文字で抜かれます

当モデルの特徴的な長いクロノグラフ針 コーダコルタとは真逆ですね. クロノグラフ未可動時は 縦1本に被りますが 可動時は画像の通り 他シリーズクロノと同様 30分計・12時間積算計を搭載しています

スイス製ムーブメントを搭載し カフェレーシングをイタリアセンスで表現したこの時計

「腕時計のセレクトで その人物が判る」なんてことをいいますが 20年代・30年代のマシンを彷彿させる この時計を選ぶ方はどんな方でしょう?

文字盤デザイン ギャラリー

ムーブメントの精度 信頼性や その時計の持つファンクション(機能)も大切ですが時計を選ぶ際の重要な要素は やっぱりそのフェイス
各画像はクリックで別窓拡大します

モノトーン文字盤に 赤く長いクロノグラフ針が縦1本に走る独特のデザイン(斜めから見ると 縦1本に被る12時位置・6時位置のインダイヤル針が見えます) 一見シンプルながらも 上記のように 細部にわたる こだわりの構成 当テスタピアッタシリーズのモチーフとなった20-30年代を意識した フラットなブロックパターンタイヤベルトを装備したこの品番は 特徴はしっかり押さえながらも バランスがとれています

弊店では 縦1本の赤いクロノ針を活かすためにも 他の色を極力抑えた 銀色ラグを 文字盤を大きく見せる効果も含めて ベゼル色も黒のものというセレクトにしました

新作のタイヤパターンシリコンラバーベルトで 当シリーズの20年代・30年代らしい フラットなブロックパターンを施しています

現代風トレッドパターンのタイヤパターンベルトではなく フラットヘッド時代だからこそ このパターンを新設するあたり こだわっています

テスタピアッタシリーズはケース径が44ミリ版とは異なりますので ベルト幅も44ミリ版とは異なります(40ミリ版とは共通です) 同系色の尾錠金具が付きます(カンビオ仕様なので着脱も楽) 交換用ベルトページはこちら  当仕様向けの24ミリベルトも順次追加予定です

現代風トレッドパターンの人気品番:Dバックル付のタイヤパターンベルトとは別の フラットパターンを刻んだタイヤベルトを付けてるあたり こだわりですよね

ベルト交換はオプションになりますが このモデルにはこれでしょ

Testa Piattaとは英訳するならフラットヘッド
内燃エンジンのヘッド部構造がシンプルで 蓋を開けるとバルブ・ピストンなどが平坦に並ぶことから この名がある. DOHCやSOHCが四輪・二輪用エンジンの主流の現在、すでに旧式のOHVよりも 更に旧式の機構であり ガソリンエンジンが実用化された初期から用いられた方式 構造が非常にシンプルで エンジン(特にシリンダーヘッド)をコンパクトにすることができ 駆動箇所が少ないため 低コストで丈夫なエンジン 反面 圧縮比を十分に上げられない・熱損失が大きく デトネーションやバックファイアなどの発生率が高い など不利な欠点も多い. また最高出力がディーゼルエンジンより低くなってしまうというのが最大の弱点. これらの欠点を解消すべく レシプロエンジンの構造はOHV 更にはOHC(SOHC→DOHC)へと進化した

当CTスクーデリアオロロジシリーズ中でも 唯一の3時位置リュウズモデルであること そのケースにテフロン加工を施していること 4ピース構造は維持していることなど スクーデリアシリーズの特徴は持ちながらも 雰囲気を変えたモデルです

スポーティな時計に興味はあるけれど 派手なものは という方に

バリエーション

当シリーズにはバリエーションがあります

本品同様のシングルファンクション(3針)シリーズで6種

銀色ラグ・黒ラグ そこにベゼル色も黒・金・銀の組み合わせがあります

さらにベルトの仕様も選択の基準となるかも

黒・茶・タン色の革とシリコンラバーのタイヤパターン(20年代・30年代を意識してか タイヤトレッドパターンも往時のフラットなブロックタイプです) さらにメタルブレス仕様も

こちらはクロノグラフ仕様の6種
3針モデル同様 ラグ色とベゼル色の組み合わせになっています

クロノグラフ仕様なので文字盤の印象も違い

ラグ・ベゼルが3針モデル系と同仕様でも 雰囲気は変わります

さらに 革ベルト(パンチング仕様/スムース仕上げ)各色 / 9ホールシリコンベルト(黒) / NATO仕様ナイロン各色などベルトを交換することによって 自分だけのモデルにカスタマイズ可(オプションになります) 24ミリベルトは順次種類が増える予定です

2019年のカタログ改変に伴い テスタピアッタシリーズからクロノグラフ版が削除され これは希少なモデルとなりました

既存の各国ディーラーや販売店の在庫のみとなりますので お急ぎください

ケース / 日付窓 / IP(イオンレーティング)処理

スクーデリアシリーズは相応のケースに入ります

ケースサイズは200x190x10mm 重量1300gの樹脂製

オフの日までこのケースで

IP(イオンレーティング)処理
従来の鍍金が被加工物を電解溶液に浸し 表面に異種金属の皮膜を重ねるのに対しイオンプレーティングはプラズマにより イオン化した金属が蒸発して周囲の反応性ガスと反応・化合して被加工物に蒸着させる. 従来の鍍金に比べ 密着性 表面耐久性 工程の安全性は飛躍的に向上している 被膜の密着性が良い(耐食性 耐摩耗性に優れる) 付きまわりが良く 素材の裏面や穴部へも被膜がつく(美しい仕上げが可能). 無公害のプロセス(肌に優しくニッケルを含まない) といった特徴がある

・Ronda社
ETA社に比較される会社. ボリューム汎用部門製品が多いからか ネット上では否定的な意見が多いが. 採用しているメーカーも多い


CTスクーデリアはスポーツ用ではありませんので 激しいスポーツ時の使用は控えてください

保証書 / ギャランティー

CTスクーデリアには2枚のギャランティが付きます 手前の黒いカード(裏面は赤)が国際ギャランティで 奥の縦長カードはインポートディーラーが用意したもので この2枚を以って2年間の保証が付きます

弊店では、輸入代理店サイトでご覧の商品のサイズのこと、モニターで伝わらない色などご購入前のご相談にものります

当商品は¥5000を超えますので送料無料です.
代引決済を お選びの場合は代引手数料のみ お願いいたします
詳細はこちら

弊店は スクーデリア オロロジを 全ライン50本程度常備しております 国内で最大在庫店ですが それでも店頭に無い品番もあります 店頭在庫を持たず 写真掲載だけでカタログ注文をしているお店ではありませんが 代理店サイトに掲載されているモデルのお取り寄せは当然できます

弊店はCTスクーデリア時計正規販売店です

カフェレーシングスピリット
大人しくないオトナの休日にはスクーデリアのリストウォッチを

バッグ

リストウォッチ

革小物

手帳

その他